‪6歳長女‬のイボ(尋常性疣贅)治療。液体窒素で焼いてきました。何回かかる?

こども イボ治療イボ治療

こんにちは!チョコです。

先日、長女(6歳)のイボの治療をしてきました。調べれば調べるほど、厄介なやつです。治療経過をレポしていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

発覚経緯

年少さんの3~4歳頃から、雲梯と鉄棒が好きになった娘は、園庭で日中何度も雲梯と鉄棒にぶら下がったり、ぎゅっと握ったりしています。その為、その頃から、娘の手の平の皮膚はこどもにしては硬く、特に指の付け根は皮膚が盛り上がっているような感じがデフォルト状態でした。

 

が、今月のある日のこと、娘と手を繋いで歩いていたら、明らかに何か硬いものが触れている感じがありました。

 

見てみると、中心に芯があり、直径1cmほどの突起物ができていました・・・!!

 

その時の会話↓

 

チョコ:「この硬いの、いつからできてたの?」

長女:「けっこう前。保育園でプール入ってた頃から。」(半年ほど前)

チョコ:「なんでお母さんに言わなかったの?」

長女:「言ったよ?そしたら、いつもみたいに、「雲梯がんばってるもんねー。マメはがんばった証拠だよ?いつもがんばってて偉いねー」って言われた」

 

がーん・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

確かに長女から、前回りができるようになった、後ろ回りができるようになった、雲梯で1個飛ばしができるようになった等と嬉しそうに報告があるたびにチョコは、

「お手手見せて?ほんとだ!こんなにマメができてる。がんばって練習した証拠だね!偉いね」

と、マメを讃える言葉をかけていたのです・・。

それがこんなことになっていたとは・・。

よく見ていなかったことを、反省しました・・。

 

皮膚科 液体窒素治療

皮膚科を受診したところ、診断はやはりイボ。

ウィルス性のイボで、尋常性疣贅(じんじょうせいゆうぜい)というものらしいです。

 

ウィルス性なので放置すると増えるし、、人にもうつるとのこと。恐らく娘も、もともとマメができて皮膚が弱っている時に、ウィルスを持っている子と手をつないだりして、感染してしまったと思われる、とのことでした。

 

そして治療法は昔ながらの液体窒素。-200℃近くの液体窒素を綿棒を使って患部につけて、焼くことによってウィルスを殺すとのこと。

 

説明を聞きながら明らかにびびっていた娘ですが、外面がよい長女は、痛がりながらも1回目の治療を耐えました。そして病院を出てから、「痛かった~」とうわーっと取り乱して泣きました。

 

イボの厄介なところは、この治療を何回すれば完治するのかが分からないこと。

先生も「5回なら5回って言ってあげたいんだけど、イボの進行具合だったり、その子の免疫力とか体質によっても違うからねぇ。治ったと思ってもウィルスは残っていて再発することもあるし。」とおっしゃっていました。

とりあえずは様子を見ながら1週間に1度通院して、液体窒素の治療を続けていくことになりました。

 

ため息しか出ないチョコ

・何度も娘に怖くて痛い思いをさせるのは辛い。

・毎度娘を説得するのが大変(治療終了後のご褒美を何にすれば頑張れるのか、毎回駆け引きしなければいけなくなりそうです・・・)。

・こども3人を連れて、自転車15分の距離に週一で通うのはしんどい。

・予約制の医院ではないため、待ち時間が読めない(ちなみにこの日は1時間待ちでした)。

 

自宅でできる対処法

なんとか最短で治療を終わらせたくて、お得意の検索祭りを行ったところ、

・スピール膏(サリチル酸パッチ)

・オキサロール(ビタミンDの塗り薬)

・はとむぎ茶

・イソジン

・木酢液

 

などでるわでるわ。でもここで、2年ほど前に長女と二女に水イボができたときのことを思い出しました。

 

水イボ治療も痛みを伴うので、なんとかしてやりたいと思い(当時二女のイヤイヤがひどく、治療を受けさせるのが毎回試練だった)、木酢液でしばらく様子をみていたところ、全く効果が感じられず、結局は皮膚科で治療してもらったという過去があるのです。

 

今回も何回かかるか分からないけれど、液体窒素治療を続ければ完治するもの。大人しくお医者様のいうことをきこうと思います。

 

でも、少しでも効けばという願いを込めて、はとむぎ茶をポチりました。皮膚科の先生にもオススメされましたし、医師監修の記事でも一定の効果が期待できると記載がありました。害があるものではないので、当面は水筒の中身は、はとむぎ茶オンリーにしようと思います。

 

 


オーサワの国内産有機はとむぎ茶

 

 

はとむぎ茶はイボに限らずとにかく美肌に効果があるとのことなので、ちょっと割高な有機のはとむぎ茶を買ってみました。ティーバッグなのでお手軽。チョコも便乗して飲む習慣をつけたいと思います!

 

※ラストにイボの写真を載せています。苦手な方は進まないでください。

 

矯正治療に、イボ治療と、通院ネタが続きますが、イボ治療も経過をレポしていきたいと思います。早く完治しますように!

 

 

 

 

 

にっくきイボ↓ これがどのような経過をたどって治るでしょうか!?

アイキャッチ画像引用元>>Designed by brgfx / Freepik 

更新の励みになります!

ポチッとクリックお願いします♫

>>

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

 

楽天ROOM始めました⭐️

我が家が実際に購入している商品や、イイナと思うものを載せています♫

 

イボ治療
スポンサーリンク
くーちょをフォローする
クーチョブログ

コメント